2008/06/30

2008 All Japan Road

第6回全日本インラインロードレース選手権大会
【主催】 日本ローラースポーツ連盟
【主管】 長野県ローラースポーツ連盟
【共催】 木島平村観光協会
【後援】 木島平村・信濃毎日新聞社・SBC信越放送・NBS長野放送 (案)
【日時】 平成20年6月28日(土) 6月29日(日)
【場所】 長野県下高井郡木島平村クロスカントリー競技場



長野県の木島平クロスカントリー競技場で第6回全日本インラインロードレースが開催されました。
この大会は、私が引退後に始まった大会なので、初めて木島平のコースを見ました。
しかし、すごいところですね。レースより合宿で走り込むには最適な場所と思いました。

初日は良い天気でしたが、2日目は大雨に。スケジュールもだいぶ変わり、タフなレースになりましたが、それでも、どのレースも迫力のあるレースでした。

選手、役員、応援の皆さん、お疲れ様でした。


写真は、前年度優勝の喜多秀明(blizzard)による選手宣誓。

優勝杯返還

JRSF清宮専務理事の開会宣言

ウォーミングアップ

男子ワールドクラス
・200mタイムレース
・500mスプリントレース
・10,000mポイントレース
・20,000mエルミネーションレース







男子ワールドクラスは、山本選手(POWERSLIDE JAPAN)が強かったです。喜多秀明(Blizzard)も積極的にレースをしてましが、今回は最後の伸びが山本選手にありました。
健太も得意のスプリントで山本選手にチャレンジしてましたが、やはり追い込めなかったようです。
ロードは、課題ですね。

女子ワールドクラス (ジュニアも含む)
・200mタイムレース
・500mスプリントレース
・10,000mポイントレース
・20,000mエルミネーションレース







女子ワールドクラスは、面白かったです。篠塚選手(POWERSLIDE JAPAN)が圧倒的な強さで全種目優勝をしましたが、次に追いかける選手達が積極的な展開で闘志を感じることができました。大会毎に実力が上がってきてる感じがします。もうワンランクアップすれば、もっとワクワクできますね。篠塚選手クラスが3名ぐらいいると、アジアでメダルがゲットできると思います。皆がんばれ。

男子ジュニアワールドクラス
・200mタイムレース
・500mスプリントレース
・10,000mポイントレース
・20,000mエルミネーションレース





男子ジュニアワールドクラスにはケンゴが出場しました。どこまで豊中ランナーズの小松選手や中尾選手にチャレンジできるかが楽しみでした。スプリント系はだいぶ良くなってきましたが、長距離が次の課題ですね。7月は走り込みをしましょう。

ハイ、写真に写ってる選手達にエールです。
目の前に見えるライバルだけが敵ではないです。あなた達は世界選に出場します。海の向こうには多くの速い選手達が、多くの練習をしてます。普段からその選手達を感じ練習をして下さい。
今まで通りの練習でなく、常に「世界に通用するには」、「世界選で逃げるには」、「世界選で予選を通過するには」スケート練習、トレーニング、日常生活、学校など、どの場面でも世界のライバルを意識し、強い気持ちで練習してください。

練習でスタート前に目を瞑ると隣に世界のTop選手達が立ってるイメージができますか?走ってる最中も、見えないライバルを感じ、抜きつ抜かれず練習してください。志は高くです。

そして、いっぱい練習し、いっぱい食べて、いっぱいレースの勉強し、いっぱい寝てください。そして勉強も、次のエースはあなた達です。

小学校高学年
・200mタイムレース
・500mスプリントレース
・1,500mスプリントレース





小学生高学年、リュウとアリサが出場しました。リュウは3種目とも優勝。1500mは、イーグルフォークでウイル2コ分の差でした。木島平のようにコース幅が狭く、今回のようなラストスパートでの勝負になると、同じタイミングでスパートする選手達がいます。その選手達に囲まれ、前に出れない事がよくあります。ライバルのペースでレースをするのではなく、自分のペースでレースを組み立てて行きましょう。リュウには十分にその力があります。おめでとう。

アリサも積極的にレースをしてました。 200mではTopのリュウから0.9秒差で3位に。頑張りました。500mも1500mも積極的にレースし、とても良い感じでしたが、スパート時に膝が伸びてしまい加速ができなかったことが残念です。アリサは、ロードが得意ですね、200mを磨いて行きましょう。

小学校低学年
・200mタイムレース
・500mスプリントレース
・1,000mスプリントレース







小学生低学年は、アコとウララが出場。アコは200mで23″888で1位、高学年でも中位に入るタイムでした。しっかり、膝をまげて手を大きく振り頑張ってました。500m・1000mは、もう一歩でしたが、最後まで一生懸命追いかけ闘志を見せてました。また、練習頑張って行きましょう。

ウララは、200mが27″200とまずまずのタイムでしたが、500m・1500mは集中力がかけてました。緊張からスケートを見失ってましたね。ウララは、練習あるのみです。

2008/06/23

TRSF Speed race

今年のTRSFスピードレースは、面白くなりそうです。去年から東京都クラス別選手権大会にスーパースプリント(100mmTT)が新種目になり、かなり白熱しました。
今年は、もっと面白くなります。今までは東京の枠で参加者資格を決めてましたが、簡単に説明すると枠が無くなります。(※規定はあります。)東京外の登録選手、一般(未登録)が参加できるようになります。

開催場所は、練馬総合体育館ローラースケート場です。一周100mのリンクで100m~5000mで競います。

ショートリンクで一番のテクニシャンは誰になるか、楽しみです。

2008/06/21

practice 2008/6/28

video

【チーム】blizzard
【場所】熊谷スポーツ文化公園ローラースケート場
【天気】雨・曇り
【メンバー】kengo.k,aoi.w,sara.t visitor:3名 
【メニュー】
・体操
・ランニング・ストレッチ
-------スケーティング-----------------------
・ペース 60min
・コーナーダッシュ 
・スタート 20m 
・逆回り







practice(today)

微妙ですが、練習を行います。
雨の場合は、室内で陸トレをします。

2008/06/20

A little break

A little break

information

明日の熊谷練習ですが、天気予報を見ると、朝から雨のようです。
一応、判断は7:00に行います。
迷われる場合は、ご連絡ください。

(今回、ビジターの参加者がおりますので、記載してます。)
一応、熊谷のローラースケート場の位置です。


大きな地図で見る


天気予報の参考

立正大学熊谷キャンパスのライブカメラhttp://www.ris.ac.jp/guidance/cam_guide/webcamera.html

2008/06/16

practice 2008/6/15


【チーム】自主連
【場所】練馬リンク
【メンバー】urara.t,sara.t
【メニュー】
・体操
・ランニング
-------スケーティング-----------------------
・フォーム練習
・クロス練習
・スタート

video

新しい靴に変更。まだぎこちないスケート。

video

Tokyo Elite In-Line Speed School (2008/6/14)

【参加者】kengo.k,arisa,kryuu.w,aoi.w,urara.t
【コース】熊谷スポーツ文化公園東第一多目的広場
【時間】10:00~13:00
【ウォーミングアップ】
・体操
・ランニング(3周)
・ストレッチ
【スケーティング】
・ウォーミングアップ 20分
・3周プッシュ × 3Set
・3周コナーダッシュ × 3Set
・スタート × 10Set
・逆回り(クールダウン)

A meeting of a mother

ママ達のミーティング。
お話は聞かないように、でも耳はダンボ。
すーGママ、ガーデンママ、渡邊ママ、川畑ママ、高萩ママ。
子供達とお父さん達は、別世界。

いつも、ご支援ありがとうございます。

池袋で手羽、美味しかったです。

2008/06/10

flower


今週、土曜日は熊谷でSchool&花植えです。

夏、熊谷スポーツ文化公園でインターハイが開催されます。
それにともない、公園内に綺麗な花を植え日本全国から来場する皆さんを歓迎します。
利用施設が綺麗になるのは、私達にとっても良いですね。

皆さんに、お手伝い頂ければ幸いです。

2008/06/04

New shoes


左がNew       右がOld(デコ使用・・・)

現在uraraの足の大きさが19センチ、今までかなり大きな靴を履いてたので、サイズを下げました。
今まで靴は165mm対応でしたが、靴を小さくすると150mmになってしまうので、新規にブレードをオーダー。少しは滑りやすくなるかな。
一応、110mm対応。

しかし、フレームのオーダーができるようになるとは、良い時代ですね。

2008/06/02

2008 East Japan

晴天の中、第54回東日本ローラースケート選手権大会が開催されました。



【主催】日本ローラースポーツ連盟
【主管】埼玉県ローラースポーツ連盟
【後援】熊谷市/熊谷市教育委員会/(財)熊谷市体育協会/(財)埼玉県公園緑地協会
【協賛】(株)シルバーフォックス
【日時】平成20年6月1日(日)午前9時30分~ 小雨決行
【公式練習】午前7時~8時(受付:午前8時00分~)
【開会式】午前9時~
【場所】埼玉県熊谷市上川上300熊谷スポーツ文化公園ローラースケート場

Blizzarからは、kengo,ryuu,aoi,uraraの4名がエントリーarisaは、前日の雨で運動会が順延になり参加ができませんでした。

今回の東日本は、熊谷スポーツ文化公園での開催。待ちに待った大会です。私は将来ここでアジア大会など開催ができればと願ってます。

今回も皆、頑張ってました。
Kengoは、300mで熊谷での自己記録を1秒近く縮め、29”312と20秒台に突入し4位。500mでも上位3名には、及びませんが、普段の練習の成果を感じさせるスケーティングで4位に。
着々と目標にしているスケーティングができるようになってきてと思います。次のステップは、繊細なスケーティングの中に、更なる闘志を入れることですね。

ryuuは300mと1500mで優勝。300mを32”539は立派なタイムです。立ち上がり100mのタイムが上がれば早々に30秒台には行くと思います。1500mでは周回間違いもあり1組目が再レースと、他の組より多くレースをしてますが、全然動じることなくモチベーションの高さを感じました。
世界的にローラーの大会は、いろいろなハプニングがあります。
しかし、強い選手はどんな状況でも、しっかり勝ちます。普段からいろいな状況を想定し、タフに行きましょう。敢闘賞おめでとう。

Aoiも300mと1000mで優勝。300mを36”775とびっくりタイムですね。がんばりました。これから、もっともっとスピードが出てきます。スピードが出れば出るほど技術が必要になってきます。いっぱい練習しましょう。

Uraraも300mと1000mで2位。Aoiとタイムが離れてしまいましたが、積極的にレースをしてました。


皆さん、おめでとう。



絶好のレース日和でした。午前中は無風状態、午後から多少風が吹きましたが問題なし。
一般の観戦者も多く、良い大会でした。



選手宣誓
山本 紳貴選手(POWERSLIDE JAPAN)
110mmのウィルは大きいですね。100mmとは違う伸びをしてました。


リンクをしっかり押さえてダッシュをしてます。GoodSpeedですね。


体をしっかりバンクさせ、コーナーをクリア。良いリズムでクロスを入れてました。






前方で攻めの展開、いいですね。数多く前に出ることで、タフな選手になります。
前にでても不利な事はありません。
自分のペースで滑走できれば、逆にkengoのレースが組み立てられます。


小学生低学年300m表彰


小学生低学年1000m表彰


小学生高学年300m表彰


小学生高学年1500m表彰

敢闘賞

公式タイムはJRSFで確認ください。